ビームせどりとは?メリット・デメリットとおすすめアプリを徹底解説

ビームせどりとは、ビーム(バーコードリーダー)を使用して商品のバーコードをスキャンし、商品情報を調べるリサーチ方法のことをいいます。ビームせどりをするメリット・デメリットとおすすめのアプリを解説します。

ビームせどりとは

ビームせどりとは、商品のバーコード(JANコード)をビーム(バーコードリーダー)で読み取り、その商品の相場や需要などの情報を調べるリサーチ方法のことをいいます。バーコードの読み取りには、スマホアプリや専用のバーコードリーダーを使用します。

商品のバーコードを読み取らないとならないため、店舗せどりで活躍する方法ともいえます。

ビームせどりのメリット

ビームせどりを行うメリットは大きく2つあります。

  • 初心者におすすめ
  • リサーチの効率化

それぞれ解説をしていきます。

初心者におすすめ

せどり初心者は専門知識も少なく、目利きが十分にできない場合もあります。しかし、ビームせどりはバーコードをスキャンするだけで簡単に商品情報を得られます。そのため、初心者でも仕入れがしやすくなるツールといえます。

リサーチの効率化

ビームせどりはバーコードを読み取るだけで商品の情報が得られるため、リサーチ時間を短縮することができます。使用するアプリによっては、Keepaなどのせどりツールと連携しているため、リサーチを効率化することができるでしょう。

ビームせどりのデメリット

ビームせどりのデメリットは大きく以下の2つがあります。

  • 禁止している店舗がある
  • バーコードリーダーが高額

こちらもそれぞれ解説していきます。

禁止している店舗がある

店舗によってはビームせどりを禁止しているところもあります。無数の商品を手にとって戻す行為は他のお客様の迷惑にもなり、店舗側としても迷惑かつ不審な行動を取っているようにも見えるでしょう。店員から注意される場合もあります。

こういった理由から、店舗側からは迷惑行為とみなされ、ビームせどり対策をしている店舗も増えています。ビームせどりはJANコードを読み取ることでリサーチを行いますが、中古ショップではバーコードの上に値札を貼り付けるといった対策をしている場合があります。

リサーチ行為禁止の店舗には貼り紙がしてある場合もあるので、禁止店舗ではしないように注意しましょう。

バーコードリーダーが高額

ビームせどりに使用するバーコードリーダーは安いもので数千円、高いものだと十数万する場合もあります。高額なものほど性能が高いものも多いですが、初期費用を安く済ませたい方や副業でやるという方には不向きといえます。

最近ではスマホのカメラ機能が向上しているため、スマホアプリでも代用が可能です。次の章ではおすすめのスマホアプリをご紹介します。

おすすめのビームせどりアプリ

ここからは、おすすめスマホアプリを3つご紹介します。

  • アマコード
  • せどりすと / せどろいど
  • Amazonショッピングアプリ

アマコード

Amacode

「アマコード」はスマホのカメラでバーコードを読み取れる無料アプリです。iPhoneとAndroidどちらにも対応しています。また、ブックオフやTSUTAYAの独自バーコードに対応しているのが大きな特徴です。

機能も多くあり、バーコードを読み取るだけではなく、商品キーワードからの検索も可能になっています。

「アマコードプロ」はアマコードの有料版です。Keepaのランキンググラフが検索結果に表示されるため、視覚的に売れ行きが判断できます。またアプリ内で出品もできる便利な機能もあります。

iPhone版DL

Android版DL

せどりすと / せどろいど

せどりすと

「せどりすと」はiPhone用の無料アプリです。スキャンするとAmazonでの売れ行きや価格推移などを確認することができます。バーコードがうまく読み取れない場合はJANコードからも検索が可能です。

「せどりすとプロ」と「せどりすとプレミアム」は有料版です。せどりすとプロは買い切り、せどりすとプレミアムは月額利用料と初月には初期費用が発生します。

初期費用は高くなりますが、出品の時短や在庫管理など無料版に比べて便利な機能が多くあります。

「せどろいど」は「せどりすと」のAndroid版アプリです。性能もほぼ同じとなっています。

詳細はこちら

Amazonショッピングアプリ

Amazonショッピングアプリ

Amazonで買い物をするときにも使用する、「Amazonショッピングアプリ」。実はバーコードを読み取って商品を検索することができます。バーコードだけではなく商品画像を撮ることで検索も可能です。

リサーチ機能はないですが、とりあえず商品価格が知りたいという場合はとても便利なアプリといえます。

iPhone版DL

Android版DL

ビームせどりはおすすめといえるのか

ご紹介してきたとおり、ビームせどりはメリット・デメリットがそれぞれあります。バーコードを読み取るだけなのでリサーチの時短になるのはメリットですが、ビームせどりを禁止している店舗があるのは大きなデメリットといえるでしょう。

せどりをおすすめする理由として再現性の高さが挙げられ、利益を増やすためには戦略的にやっていく事が大切です。しかし、ビームせどりの方法はその場での行きあたりばったりな仕入れとなる場合があります。

より効果的に稼ぐのであれば、セミナーなどに参加してノウハウや目利きを学ぶことも大切です。

オークファンの物販ビジネスセミナーは、未経験者から上級者まで幅広く行っています。せどりで月間数百万稼いでいる方や、世界を相手に物販を行ってきたプロフェッショナルから学ぶことができます。

セミナー詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です