月売上500万!現役せどり経営者が転売副業の始め方と稼ぐコツを徹底解説

将来に不安を感じ、副業を始める方が多い昨今。おすすめしたい副業は「せどり」です。せどりは再現性が高く、正しい方法でやれば稼ぎやすい副業と言えるでしょう。

今回は、安藤さんの実体験をもとに、せどりの始め方や転売とせどりの違いから利益に関する生の声まで網羅的にご紹介します。


アドバイザープロフィール
安藤(会社員)

せどり歴4年
将来に不安を抱きせどり副業を始める
直近の月売上は500万円、利益は還付・ポイント込で100万円程


転売とせどりの違いとは?

転売とは、トレンド商品や限定商品を手段を選ばず買い占め、仕入れ値よりも高額で販売して利益を得るビジネスモデルです。

せどりとの違いは、転売は販売商品が時流に沿った稀少な商品に限られていることが挙げられます。私自身はせどりを行っているため、取り扱い商品は広義に渡ります。せどりの場合は、時流以外の商品も対象にするため、目利きの力が必要になります。

せどりと転売の違いは明確に定義付けられていませんが、最終的に売ることを目的として商品を仕入れて、仕入れ値よりも高く販売するという点では共通です。

せどりを行う上で大切なこと

せどりや転売は、正しい方法で継続して取り組めば、誰でも高確立で稼げる再現性の高いビジネスモデルです。しかし、近道をしてラクに利益を獲得しようとしても、誤った知識や偏った情報だけで稼ぐことはできません。

将来的にどうなりたいか、何のためにせどりで副業を行うのか、また、現在の自分の生活環境を明確にしておくことも大切です。それにより、自分に最適なせどりの方法というのは変わっていきます

自身に合った商品や販路を選びとり、真摯に市場と向き合って戦略を立てながら、効率よく稼げるビジネスモデルをリサーチしてみましょう。

転売の種類を徹底解説

転売の種類には、大きく分けて以下2つの種類があります。

  • 店舗
  • 電脳

仕入れ先によって手に入る商品が異なるため、転売・せどりのどちらを目的とするかによって仕入れ先を選びましょう。

下記では、仕入れ先の違いをそれぞれ具体的に解説した上で、せどり目的の方へ向けたアドバイスをご提案します。

店舗

店舗は、実際に店頭まで足を運んで商品を仕入れ、店舗やインターネット上で商品を販売する方法です。あなたが取り扱う商品によりますが、店舗でせどりを行う場合と転売を行う場合で店舗選びは異なります。

せどりの場合は、ドン・キホーテや家電量販店、ブックオフのような店舗で最も安値で商品を仕入れることを目的とします。

転売の場合は、人気ブランドや限定商品を取り扱う実店舗で稀少性の高い商品を仕入れることを目的とします。トレンド商品や限定商品を転売目的で仕入れる場合は、発売日に備えて店頭に並ぶ機会もあるでしょう。

店舗せどりの場合のアドバイス

店舗せどりは、店舗独自のラインナップや値付け(店舗側の損切りや)によって、一撃で大きな利益が得られる可能性がある点が魅力です。

私の周りには、メーカーから商品を直接卸してもらっているせどり上級者も居ます。

店舗せどりで利益を得るためには、独自の商品を販売できるよう仕入れ、競合との差別化を図るとよいでしょう。

電脳

電脳は、インターネット上のショッピングサイトやフリマサイトで商品を仕入れ、同じくインターネット上で商品を販売する方法です。取り扱う商品によっては、売買に海外のインターネットサイトを利用する機会もあるでしょう。

せどりの場合は、インターネット上のショッピングサイトやフリマサイトで最も安値で商品を仕入れることを目的とします。

転売の場合は、インターネット上のショッピングサイトで稀少性の高い商品を発売日時に仕入れることを目的とします。

電脳せどりの場合のアドバイス

近年の電脳せどりは、楽天市場での仕入がトレンドです。なぜなら、ポイント還元率が他のマーケットプレイスよりも大きいからです。

そのため、当初予定していた販売額に多少のマイナスが生じても、楽天ポイントを加味すれば利益をプラスにできる点が魅力です。

現役せどり経営者が「稼ぐコツ」を伝授!

ここでは、私自身が4年を経て体得した「せどりで稼ぐコツ」を徹底解説します。

実際に行っているせどりの種類や使用ツールはもちろん、月売上や利益・稼働時間まで具体的な数字を公開しているので、ぜひ参考にしてみてください。

せどりの種類|電脳せどり

私は電脳せどりを4年程行っています。

具体的には、日本のECサイト(Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど)で商品を仕入れ、海外のAmazonサイトに輸出販売して利益を獲得する流れです。

国内販売がメジャーな中で私が輸出を選んだ理由は、参入障壁が高いため競合が少なく、消費税の還付が受けられるからです。国内販売と比較してキャッシュフローが悪くなるリスクはありましたが、多少の損失を受け止められる資金を用意していたので、あまり気になりませんでした。

輸出販売は複雑だと思われがちですが、発送業務なども代行してもらえる仕組みがあるため、特別苦労を感じていません。

せどりの月収・稼働時間

現在の月売上は500万円・利益は還付・ポイント込で100万円程、稼働時間は毎月50~100時間です。せどりを始めた当初は試行錯誤していたので、月に100時間以上費やすこともありました。

しかし、自分に合った仕入れ・販売先や商品が理解できてくると、稼働時間は自然と効率化されるので減少するでしょう。

電脳せどりで稼ぐポイント

せどりで稼ぐためには、消費者の需要と供給のバランスをいかに冷静に正しく見極められるかが重要です。

なぜなら、自身のエゴや仕入れ時のお得さだけで商品を販売しても、消費者にとって必要の無い商品は売れることが無いからです。

また、せどりを独学ではなく正しい方法で学ぶことも大切。具体的には、せどりスクールやコンサルタントから知識を得た上で、自分がどこにレバレッジをかけるか見極める流れが利益を獲得するための一番の近道です。

せどりの使用ツール 4つ

私は、せどりを行う上で主に下記4つのツールを使用しています。

  1. Keepa:Amazon内の価格変動を自動で追跡するツール
  2. モノサーチ:商品の売れ行き・ランキングや仕入れ先との価格比較を表示するツール
  3. プライスター:Amazonの出品業務や価格変更を行える売買ツール
  4. 自作のスプレッドシート

また、発送代行のサービスも利用して効率化を図っています。

自身はリサーチと仕入れなどのコアな領域だけに集中できるため、より利益を獲得できるような仕組みづくりを心掛けています。

せどり初心者は「オークファン」で利益獲得の最短ルートを

「オークファン」は、ヤフオク!における過去の落札データを検索・分析できるサイトです。具体的には、仕入価格・販売価格が適正か見極められるデータが表示できる上に、将来的な需要を推し量るための判断指標も分析できます。

また、オークファンではせどりセミナーなども行われています。せどりで利益獲得を目指すために必要な情報や知見をプロが丁寧にレクチャーしてくれるので、初心者の方に特におすすめです。

せどり・転売は、誤った方法で取り組むと損失が生じる確立が上がります。

そのため、オークファンの情報で適正価格を見極めた上で正しい戦略を立てることで、最大限の利益を獲得するための最短ルートを歩めるでしょう。

オークファンを使ってみる

転売・せどりで稼ぐためには最適なビジネスモデルを選ぼう

転売・せどりで稼ぐためのポイントやビジネスモデルについて解説しました。昨今の社会情勢の影響も受けて、勤め先の会社以外に収入源を確立させたいと考えている方も少なくないでしょう。

転売やせどりを行う上で大切なことは、自分に最適なビジネスモデルを見つけることです。

今回は一つのケースとして安藤さんの実体験をご紹介しました。転売・せどり運用を成功に導くための参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です